日立 衣類スチーマー CSI-RX2とCSI-RX1の違いは?比較してみました

日立 衣類スチーマー CSI-RX2
日立の衣類スチーマーは、定番的な存在ですよね。

でも次々に新製品が発売されるから、「違いはなに?」と戸惑われた方も多いと思います。

この記事では、CSI-RX2とCSI-RX1の違いや口コミ、価格情報などをご紹介しますね。

日立 衣類スチーマー CSI-RX2とCSI-RX1の違いは?

疑問を抱える女性
まず、この2つの発売日は

CSI-RX1:2017年4月28日
CSI-RX2:2018年12月
となっています。

そして違いは、

  • スチーム量
  • スチーム時間
  • アイロン面のコーティング
  • 消費電力
の4点です。

そのほかの機能・性能・サイズ・重量などに違いはありません。

最初に違いを比較した表をご紹介して、その後に一つずつご紹介しますね。

 RX1RX2
スチーム量約11g/分約14g/分
スチーム時間約6分約5分
アイロン面チタン含有コートセラミックコート
消費電力800W950W

スチーム量とスチーム時間

CSI-RX2は、スチーム量が増えています。

どれくらい違うかというと、↓の画像くらい違います。
CSI-RX2とCSI-RX1のスチーム量比較

↓の動画では、1分10秒くらいから違いを確認できます。

でもスチーム量が多い代わりに、スチーム時間は6分から5分に減っています

アイロン面コーティング

CSI-RX1は「滑りが悪い」という意見もあります。

CSI-RX2は、すべりの良いセラミックコーティングになっています。

消費電力

CSI-RX2はパワフルな代わりに、消費電力も800W⇒950Wになっています。

どっちを選ぶのが正解?

選択肢
選ぶ基準は

  • スチーム量
  • アイロン面のコーティング(滑りの良さ)
  • 価格
になると思います。

実売価格はCSI-RX1の方が安いですが、価格差は小さいです。

そのため、パワフルでストレスなくアイロン面も使えるCSI-RX2の方がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、CSI-RX2の方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ(どちらも、最安値はAmazonです)
Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX1

Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX2

日立 CSI-RX2の本音の口コミ・レビュー

悪い口コミ

悪い口コミ

水がなくなるのが早い
◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「パワフルなスチームで、シワがよく延びます。

でもその代わりに、水がなくなるのも早いです。

たくさん処理したい時は、何度も給水が必要になります」

長く使うと重い
◆口コミ・レビューその2(匿名の女性)
「性能にはなんの不満もありません。

ただ、何枚も使っていると、重さで腕が疲れます」

良い口コミ

良い口コミ

シワがしっかりなくなる
◆口コミ・レビューその3(匿名の男性)
「スチーマーを使うのは初めてです。

ハンガーに掛けたスーツのシワが、あっという間になくなります。

テカることもないです。

マフラーやニットにも試してみましたが、シワがなくなりました。

ブラシがあるおかげで、使いやすいです。

また、使用した直後でも衣類が熱すぎることがなく、使用中に水が垂れることもないです」

アイロンとしても◎
◆口コミ・レビューその4(匿名の女性)
「普段は衣類スチーマーとして、しっかり仕上げたい時はプレスアイロンとして使っています。

以前使っていたアイロンと比べ、こちらの方が使いやすくて、早くしっかり仕上がります。

もちろん衣類スチーマーとしても不満なしです」

普段使いにおすすめ
◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「さすがに、クリーニング屋さんやアイロン台を使ったようには仕上がりません。

でも普段使いとしてハンガーにかけたままでこれだけ綺麗になれば、満足です」

口コミまとめ

CHECK!!悪い意見
  • 水がなくなるのが早い
  • 長時間使うと重くて腕が疲れる
CHECK!!良い意見
  • ハンガーにかけたスーツのシワが簡単になくなる
  • マフラーやニットのシワも簡単になくなる
  • かけた衣類が熱くなりすぎない
  • 使用中に水が垂れない
  • プレスアイロンとしても不満なし

笑顔の女性
悪い口コミと良い口コミの両方をご紹介しましたが、ほとんどが高評価の意見でした。

クリーニング屋さんやアイロン台でプレスするのには劣りますが、普段使いとしてはじゅうぶんなシワの取れ方だと思います。

日立 CSI-RX2の価格情報!最安値は楽天?Amazon?

ショッピングカート
「どこが最安値なのかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を調べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX2

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

また、本体カラー・ホワイトとルビーレッドで価格が違っていて、ホワイトの方がだいぶ安いです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場CSI-RX2
という状況になっています。

日立 CSI-RX1の本音の口コミ・レビュー

悪い口コミ

悪い口コミ

スチームがイマイチ
◆口コミ・レビューその1(匿名の男性)
「スチームがすごいのは最初の数十秒だけ。
その後はちょっとしか出ません。

そのせいで、シワが伸びるのも時間がかかります」

シワが消えない
◆口コミ・レビューその2(匿名の男性)
「アイロン台でプレスしたのと違って、思ってたほどはシワが消えませんでした」

良い口コミ

良い口コミ

シャツのシワ伸ばしに◎
◆口コミ・レビューその3(匿名の女性)
「毎日、息子のワイシャツに使っています。

大きなシワはキレイに伸びます。

なにより、大きなアイロン台とアイロンを出す手間がなくなったのがうれしいです」

ササッと使えて便利
◆口コミ・レビューその4(匿名の女性)
「子どもたちのワイシャツ・制服のアイロンがけが面倒で購入しました。

立ち上がりがすごく早いので、忙しい時でもササッと使えて助かります。

軽いので、たくさん使っても腕が疲れません」

使いやすい
◆口コミ・レビューその5(匿名の男性)
「以前使っていた他社製のスチーマーと比べて、軽くて持ちやすくて、立ち上がりも早いです。

パワーもあって、シワも簡単にとれます。

ワイシャツなどをビジネス用にピシッと仕上げるのでなければ、じゅうぶんな仕上がりです」

口コミまとめ

CHECK!!悪い意見
  • スチームがすぐに弱くなる
  • アイロン台でプレスするのと比べると、シワが消えない
CHECK!!良い意見
  • 立ち上がりが早いので、すぐ使える
  • 軽くて疲れない
  • 普段使いにはじゅうぶんなシワの取れ方

笑顔の女性
悪い口コミと良い口コミの両方をご紹介しましたが、ほとんどが高評価の意見でした。

日立 CSI-RX1の価格情報!最安値はこちら

ショッピングカート
CSI-RX1の最安値も、Amazonでした。

Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX1

安いだけでなく、送料無料なのもうれしいです。

また、本体カラー・ホワイトとネイビーブルーで価格に違いがあって、ホワイトの方がちょっとだけ安いです。

ちなみに楽天の場合だと、
楽天市場CSI-RX1
という状況になっています。

主な仕様

仕様

CSI-RX2

サイズ:12.5×17.5×8.5cm
本体重量:690g
電源:100V(50-60Hz共用)
消費電力:950W
水タンク容量:70mL
スチーム量:約14g/分
スチーム時間:約5分
温度調節:低(約100°C)、中(約135°C)、高(約170°C)
付属品:ブラシアタッチメント、スタンド、注水カップ

CSI-RX1

本体重量:690g
電源:100V(50-60Hz共用)
消費電力:800W
水タンク容量:70mL
スチーム量:約11g/分
スチーム時間:約6分
温度調節:低(約100°C)、中(約135°C)、高(約170°C)
付属品:ブラシアタッチメント、スタンド、注水カップ

まとめ

日立 衣類スチーマー CSI-RX2とCSI-RX1の違いは、

  • スチーム量
  • スチーム時間
  • アイロン面のコーティング
  • 消費電力
の4点です。

CSI-RX2の方がスチーム量が多く、アイロン面の滑りも良いです。

でも代わりに、CSI-RX2はCSI-RX1より消費電力が高く、スチーム時間も短いです。

実売価格はCSI-RX1の方が安いですが、価格差は小さいので、パワフルでストレスなく使えるCSI-RX2の方がおすすめです。

通販サイトのランキングでも、CSI-RX2の方が人気です。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX1

Amazon日立 衣類スチーマー CSI-RX2