アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機DCE-6515の口コミ&価格情報!最安値は楽天?Amazon?

DCE-6515
アイリスオーヤマのコンプレッサー式衣類乾燥除湿機『DCE-6515』についての、口コミや価格情報、特徴などをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてくださいね (*´∀`*)

DCE-6515の本音の口コミ・レビュー!!

◆口コミ・レビューその1
「漂白剤なしで洗濯して部屋干ししても、部屋干し臭を感じなくなりました。

親子3人分の洗濯物を6畳の部屋で干しています。
その量でも、4時間あれば確実に乾きます。

ただしウチの場合は、サーキュレーターも同時に使っています。
DCE-6515かも風は出ますが、一方向だけなので、サーキュレーターも使った方が効率が良いです。

あと、洗濯ものにあまり近づけない事。(10センチ以上)
あまり近いと、生乾き臭がしやすくなります。

タンクの水がこぼれるという方もいらっしゃいますが、ゆっくり引き出せばぜんぜん平気です」

◆口コミ・レビューその2
「10帖の寝室兼自室で使っています。

自宅でもオフィスでも違和感ないデザイン。

操作はシンプルで簡単です。
ボタンを押した時の電子音は、ちょっと大きめですが……。
高齢のご家庭では、これぐらいがちょうど良いとも思いますけどね。

タンクは底部を持たないといけないので、持ちづらいし、排水時に気をつかわないと水が飛び散りがち。

コンプレッサー式なので、低温の季節は除湿力が落ちます。
ただ、落ちるとはいっても、十分な除湿力です。

また、コンプレッサー式なので、音の方もそれなりです。
コンプレッサー式としては、普通くらいの音かな」

◆口コミ・レビューその3
「結露しやすい、5畳くらいの寝室用に購入。

見た目も操作もシンプル。

除湿能力は、デシカント式より優れていますね。

音については、どうなんでしょう?
自分は、寝る時には使えないです。
人がいない時にだけ稼働させています」

◆口コミ・レビューその4
「閉め切った6畳の部屋で、サーキュレーターと併用しています。

湿度がみるみる下がっていきます。

大雨の日でも、ONして2時間もすれば、湿度がマイナス10%くらいになって快適です」

◆口コミ・レビューその5
「6畳の部屋が、湿度80%台で困っていたので購入。

使い始めて6時間ぐらいで、満水のブザーが……。
早さに驚きました。
梅雨時期というのもあるのでしょうが、それだけ効いてるって事ですよね。

数字的にも、85%⇒65%くらいまで下がりました。

消費電力が155Wと少ないのも嬉しいです。

これより小さいモデルなのに350Wとかだったりするので、電気代を考えたらこっちの方が良いと思います」

その他、
「静音モードがない」
と指摘されている方もいらっしゃいました。

音が気になる方は、その辺も考慮された方が良さそうですね。

DCE-6515の価格情報!

「最安値はどこかな?」と思って、いろんな通販サイトで価格を見比べてみました。

その結果、最安値はAmazonでした。

送料無料なのも嬉しいです (*´∀`*)

Amazonアイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515

ちなみに楽天市場の場合、
楽天市場IRIS 除湿機 DCE-6515
という状況になっています。

DCE-6515の電気代はどれくらい?

メーカーによる電気代の目安は、
約5円/時間
とされています。
(1kwh=27円の場合)

洗濯物を干すのには、もちろん部屋の広さや状況にもよりますが、4時間程度あれば十分です。

仮に4時間使ったとしたら、
約20円/日
です。

毎日使っても
約620円/月
です。

個人的には、
これで生乾き臭から解放されるなら、納得できる範囲の電気代かな
と思います。

ちなみに、DCE-6515は「コンプレッサー式」というタイプの除湿機です。
コンプレッサー式は他方式と比べて、電気代が安いという特徴があります。

DCE-6515の場合、メーカーによると
従来品の3分の1の電気代
だそうです。

DCE-6515の特徴など

風向きの調節可能!

風向きを調節できるから、洗濯物に向けて風を送れます。

部屋干しは時間がかかると生乾き臭がしますから、DCE-6515の除湿力の高さ+直接風を当てる、で素早く乾燥させられるのは嬉しいですね。

持ち運びに便利な取って付きだけど……

本体上部に取っ手がついているので、持ちやすいです。

でも、重さが約9.3kg…… (´Д`;)

女性が頻繁に移動させるのは、ちょっと大変かもしれませんね。

洗濯物を早く乾かすコツ

室内干しの洗濯物が乾く時間は、DCE-6515等の除湿機だけでも、かなり短くなります。

でも、生乾き臭・部屋干し臭を抑えるには、少しでも時間を短くしたいですよね。

そんな時は、サーキュレーターや扇風機を同時に使うのがおすすめです。

サーキュレーターや扇風機の風が洗濯物と洗濯物の間を通るようにすれば、乾燥までの時間をかなり短くできます。

コンプレッサー式とデシカント式、ハイブリッド式の違いと、メリット・デメリット

除湿機には大きく分けて

  • コンプレッサー式
  • デシカント式
  • ハイブリッド式

があります。

コンプレッサー式

空気を結露されて除湿する方式です。
気温が高い時期に強く、寒い時期は能力がちょっと落ちます。
他方式と比べ、動作音が大きくなりがちな傾向にあります。
電気代が安い傾向にあり、特に暑い時期は安く済みます。

◆デシカント式

水分を吸湿材・乾燥材に吸着させ、乾燥した空気だけを室内に戻します。
冬場でも強いです。
部屋が暑くなりがちです。
また、電気代も高い傾向にあります。

ハイブリッド式
コンプレッサー式とデシカント式を合体させた方式。
各方式の弱点が解消されている代わりに、本体サイズが大きい傾向にあり、価格も高い傾向にあります。

『コンプレッサー式衣類乾燥除湿機DCE-6515』の詳細・ご購入はこちらからどうぞ
Amazonアイリスオーヤマ 衣類乾燥除湿機 除湿量 5.5L DCE-6515

楽天市場IRIS 除湿機 DCE-6515